愛知県立芸術大学 Aichi University of the Arts


トピックス

「ホームカミングデイ」を開催しました

平成27年11月21日(土)に、音楽学部・音楽研究科卒業生を対象とした「ホームカミングデイ」を開催しました。

 

音楽学コースの親睦会には、1999年度の卒業生から、2010年度の卒業生まで、幅広い年代の卒業生・修了生が集まり、先生方を囲んで、新しくなった学び舎で思い出話に花を咲かせました。なかには、ご家族連れ(ご夫婦とお子さん)で参加してくださった方もいらっしゃり、にぎやかなひと時を過ごしました。

 

また、今回のイベント開催にあたり、多くの卒業生、先生からメッセージをいただきました。本当にありがとうございました。イニシャル表記にて、一部をここに掲載させていただきます。

 

音楽学の先生、皆さん、お元気ですか。
二人だけの学部生からスタートした音楽学。今では優秀な卒業生がたくさん巣立ち、それぞれの道で活躍されていることを誇らしく思います。ご指導いただいた先生方ありがとうございます。今後ますますの音楽学専攻の皆様のご発展をお祈りしております。(R. N.)

 

ピアノ専攻から、音楽学へ、
大学を出てからは音楽療法の世界へ、
自分探しの旅は、今なおゴールが見えてきませんが、
今は、与えられた環境に感謝し、
目の前にいる人たちと向き合う日々です。
県芸で学んだ濃密な6年間が、
私の音楽人生の根っこであり、
生涯の宝物であることを感じます。
私たちの帰る場所がここにあることを、幸せに思います。(K. M.)

 

ホームカミングデイの開催を心よりお祝い申し上げます。
本日は、残念ながら出席が叶いませんが、また皆様にお目にかかれる日を楽しみに致しております。(M. Y.)

 

こんにちは。皆様御元気ですか。
僕は現在、東京を拠点に舞台スタッフとして活動しています。
会社はオペラ・クラシックコンサートを中心にとした舞台監督・舞台制作を業務としており、一昨年からは舞台監督として現場を任せられるようになりました。
現場にも大小ありますが、一つの現場に携わると、準備段階を含め、非常にやることが多く、大変なことも度々ありますが、その分やりがいも大きく、非常に充実した毎日を送っております。
なかなかまとまった休みも取れず、今回のホームカミングデイにも顔を出すことができませんが、公演等で愛知に行くこともありますので、舞台のパンフレットで名前を見かけた際はぜひ連絡をください。(J. K.)

 

ご無沙汰しております。
私は元気でやっております。
卒業後は茨城県内の会社で事務職に就いていました。
先生はいかがでしょうか。
ホームカミングデイのご連絡、ありがとうございました。
先生方や卒業生が一堂に集まれる、素敵な企画ですね。
残念ながら当日は参加が難しいのですが、
素晴らしい会になることを願っております。
皆さんによろしくお伝えくだされば幸いです。
有難うございました。(K. S.)